オンデマンド印刷 1日10万カウントの出力実績があります。

オンデマンド印刷とは、オフセット印刷のような刷版工程が無く、DTPデータから印刷・製本までをダイレクトに処理できる印刷技術です。細部まで美しく再現し高品質を保ちながら、短納期を実現するため少部数の印刷に適しています。

概 要 ●部数が少ない案件
●納期まで時間がない案件 等
主な利用例 ●名刺 ●チラシ ●挨拶状 ●パウチカレンダー ●写真集 ●イベント配布資料
●店舗チラシ ●セミナーテキスト ●封筒 ●DM ●バリアブル印刷 等
品 質 オフセット印刷に迫る高品質な仕上がり
加工時間 乾燥不要で即加工可
用紙選択 用紙、サイズを指定可
後加工 指定可
刷 版 刷版費は不要
総合評価 少〜中部数がお得
色 調 モノクロ/カラー

*オフセット印刷に比べ、多少の限りはございます。

富士ゼロックス Versant2100™ 2100 Press Remote Color Management Service

多くの実績と高い評価を得ている富士ゼロックス。中でも生産性に優れたVersant™ 2100 Pressを導入しました。
また、色再現を安定させるために、同社のRemote Color Management Serviceを採用し、安定した色調再現を実現したデジタル印刷機です。

小森コーポレーション Impremia C70+カラーマネジメントソフト K-ColorSimulator

印刷機械メーカーである小森コーポレーションがコニカミノルタ製bizhub PRESSをOEM製品として販売している「Impremia C70」を導入し出力解像度1,200dpiの高画質に加え同社のCMSソフト「K-ColorSimulator」でオフセット印刷機とPOD機の高精度なカラーマッチング実現し、幅広いお仕事に対応可能なトナーベースのデジタル印刷機です。

バリアブル印刷

バリアブル(可変)印刷は、1枚1枚個別の情報で印刷が可能です。
DM等の宛名印字をはじめ、個別に画像を変更したり、画像に名前を入れたりといったような、訴求効果の高いワンtoワンマーケティングが可能です。

バリアブル印刷

封筒印刷

長3、角2などのよく利用されるサイズだけではなく、多様なサイズの既成品の封筒に印刷が可能です。
オンデマンド印刷の強みを活かし、バリアブル印刷を組み合わせてご利用いただけます。

封筒印刷

カラーマネジメント

カラーマネジメント(CMS)は、出力デバイスが違うと再現されるものの色調が異なって見えてしまうといった出力デバイス差を、できる限りオフセット印刷に近く、安定した色調再現を行うために管理することを言います。
当社では、高い品質の印刷物をお届けするために、CMSを行っています。

*当社のオンデマンド印刷と、グループ会社 今野印刷のオフセット印刷は、カラーマネジメント(CMS)によりマッチングさせています。

カラーマネジメント

製本加工

オンデマンド印刷は同時にライン上で中綴じ・平綴じといった製本加工が可能です。
本の背の部分に糊をつけて表紙をくるむことで、背表紙に文字を入れて見せる無線綴じ加工や、リーフレット・DM等の二つ折・巻三つ折りといった折加工も可能です。
これらの加工と併せてファイリングするときに便利な2ツ穴加工といった多様なニーズにお応えします。
折り・綴じ等加工いろいろ 二つ折り、巻三つ折り、中綴じ、平綴じ、無線綴じ、2ツ穴